MDは知らない

道新の2月15日のある記事に目がとまりました。

ANA「空飛ぶ車」参入 トヨタ出資の米企業と提携

 先日、来店されたお客様とこれからの交通体系の話をしました。今、我町ではJR根室線の廃線・バス転換の話があって、これからの交通網がどうなって行くのか想像していました。
「近い将来、自動車にはタイヤが無くなるよ。みんな空飛んでるわ」
と、話しをしていた夢物語が新聞に・・・。

夫に
「ほら〜、やっぱこうなるでしょ〜」
と、興奮して言うと
「あんたが考えるような事は、頭のいい人は皆んな考えてるわ 」
と、一言。

これから数年後、電気自動車が主流になるのでしょう。

 思いだしました。
かつて、娘がクラスメイトの多くが持っているというMD(ミニディスク)の使える携帯オーディオプレーヤーが欲しい。と言った時に、夫は、普及にはまだまだだったipodにしてはどうかと提案しました。結局、今でも我家ではMDを聞けるオーディオはありませんが、今では他所の多くのお家でもMDで音楽を聴くことをしていないのではないでしょうか。それどころか時代は、携帯音楽プレーヤーも小型カメラもスマートフォンという超小型コンピュータを備えた携帯電話に吸収されて、各人がそれを持ち歩く時代になってしまいました。

『日進月歩』とは急速に進歩していくことですが、『秒進分歩』以上のスピードを感じる現在、電気飛行機が飛んでいる光景が、もうそこにあるのではないでしょうか。

新得町は道の駅もいいけれど、農道空港の利活用はANAに負けないスピードで考えたほうがいいかもしれませんね。


訂正-ANAが「空飛ぶ車」でトヨタ出資の米企業と提携、事業化へ前進 | ロイター