観光循環バス

以前、神戸三宮を訪れた際に、友人に誘われて『神戸シティー・ループ』バスに乗りました。神戸市によって設立された神戸交通振興株式会社が運行するレトロな外観のバスは、神戸市内の観光スポットを循環している路線バスです。シーズンオフとはいえ、さすが観光都市神戸です。たくさんの乗降客がいました。

「シティループ」は2003年3月31日までは、財団法人神戸国際観光コンベンション協会からの委託を受けて神戸市交通局が運行していた模様ですが、その後、神戸交通振興株式会社が運行し、そして1990年4月7日から始まったこのバスは、すでに4半世紀の間、運行していることになります。

運行時間は9時から5時台後半までで、15分~20分間隔で運行し、1周約63分。乗車券は距離に関係なく1回大人260円・小児130円ですが、乗り降り自由な1日乗車券(大人660円・小児330円)もあります。

神戸シティループバス車内

神戸シティループバス車内

このバスは基本的に路線バスですので、(大半観光客でしょうが)観光客だけが乗車するというわけではありませんが、車内にはバスガイドさんが常駐していて、乗車確認、切符の販売はもちろんですが、周辺施設等のガイドをしています。今回ほぼ1周乗車しましたが、約1時間の乗車が短く感じられたのは、このガイドのおかげではないかと感じています。

途中で、かなりの人数が乗車してきた時があり、車内がざわついていた時がありました。運転手がすかさず、
「ただいま、周辺ガイドをしております。お静かにお願いします。」
と、アナウンスがありました。
すでに何度も利用する観光客にとっては、聞かなくてもいいガイドかもしれませんが、はじめて聞く方々にとっては貴重な観光情報です。観光地としての姿勢がこの車内の中にも感じた光景でした。

今夏、新得町は昨年同様、新得駅とサホロリゾート間を7月18日から8月30日までの土曜日曜祭日に、1日5往復の観光循環バスを運行することになっています。

もちろん観光都市神戸とは比べ物にならない規模かもしれません。しかし観光の町新得町、そんな強豪にも負けないような知恵を出し続けていかなくてはなりません。
『無料で乗車できて、周辺施設の割引券を配る。』
それもまたアイデアの一つかもしれません。
が、それだけでは4半世紀どころか、5年続けることすらも難しいのでは、と感じるのです。
いかがなものでしょうか。

新得町観光循環バスの無料運行について
新得町観光循環バスダイヤ